トップニュース作品情報予告編修道士の一日トリビア上映劇場コメントメディア掲載情報
コメント
修道士は庭に囲まれた平屋建ての建物の中にある房で生活しており、その中で1日の大半を1人で過ごす。
礼拝堂は集団行動をとる場所であり、毎日礼拝が行われる。1日に沈黙を守る時間帯がたくさんあり、すべての楽器は禁止されている。修道士たちは日曜日に、修道院を出てウォーキングをする。約4時間のウォーキングの間、修道士たちは会話が許されている。
修道院では基本的に、訪問者もラジオもテレビも許されていない。
世の中の情勢については院長が修道士たちに伝えている。
1年に2度、“観想”(contemplation)と呼ばれる期間中、修道士たちは家族からの訪問を受けることができる。